つわりはきついけど赤ちゃんが元気な証拠

私は初めての妊娠は、29歳のときでした。妊娠してすぐ位から体調が変化し、妊娠6週目くらいから寝込んでしまいました。吐き気は、出産するまで続きました。

一番ひどかったときは、一日中布団の中で過ごしていました。
少し気分がましになる時間が1日2時間ほどあり、その間に家事を簡単にしていました。

しかし、1日10回ほど吐いていたため、ほとんど何も食べられず、水分も取れずふらふらでした。

夜も熟睡できた日はなかったと思います。

病院で相談しましたが、「アイスクリームを食べて寝ていなさい。」と適当に言われ、泣いてしまいました。
その時は、湯冷ましを飲むだけでも吐いていたからです。

アイスクリームを食べる余裕さえありませんでした。
しかし、2ヵ月寝込んで何とか起き上がれるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です